2020年03月31日(火)

春和の候

前回のブログに「桜の開花は4月上旬頃になりそうです。」 とご案内をしたのですが
この2~3日の気温が暖かったこともあり 一気につぼみが咲き始めました。


ゑびすやの百年桜の根元には 水仙も咲き カキツバタの木も花を咲かせています。


「桜」だけに限らず「山つつじ」もつぼみが膨らみ始めました。
先日 スタッフが山に行き 山つつじのつぼみを取ってきたので
ロビーの花瓶に生けたところ 一晩で花が咲き 見頃を迎えました。


今 ゑびすやでは館内にいながら お花見が楽しめますよ。
花の便りに誘われてか 竹林庭園では小鳥のさえずりも聞こえます。
先日にお泊りいただきましたお客様から 「朝 露天風呂に入っていると竹林庭園から小鳥のさえずりが聞こえてきて ほっと しますね。」 と声をかけていただきました。

日頃 慌ただしく過ごしていると 身近にある自然に気が付かないってこと 
ありますよね。
私共にとっては当たり前の日常が お客様には違うことに改めて気付かされました。
最近は 名前も知らない小さな花が目に留まったり 空の青さと雲の流れに感動したり 季節の中で感じる自然が こんなに心地良いとは 灯台下暗しでした。

次は皆様に何がご案内できるか 楽しみにして待っていてくださいね。

2020年03月24日(火)

春の喜び

段々と暖かくなってきましたね。
今年は暖冬ということもあり 花の便りが早いようです。

今 ゑびすやの周辺には「水仙」の花があちらこちらに咲いています。 背筋をまっすぐに伸ばして咲く一輪の水仙は 「清らか」なイメージがよく合いますね。


枝の折れた桜の木をロビーに飾ったところ お客様を嬉しく思いながらお迎えするかのように あっという間に満開になり 全国のどこよりも一足先に見頃を迎えました。 淡いピンクの桜は「おしとやか」なイメージが伺えます。


ゑびすやの敷地にある「樹齢100年」の桜はまだ固いつぼみです。 暖かくなってきたとはいえ 丹後は朝夕が寒いですから 咲き始めは4月早々でしょうか・・・ 毎日 スタッフが桜の様子を見ていますが 先週から「う~ん(桜の開花は) まだだなぁ」
この言葉が挨拶言葉になりました。



咲き始めましたら 皆様にお知らせいたします。

たった1本の桜・・・と思われるかもしれませんが 枝を大きく広げ あたり一面をピンク色に染めます。 夜 ライトアップした桜の姿は一層 幻想的で 昼の桜の姿とは全然違います。

ゑびすやの渡り廊下から眺めるのもお勧めですが 200m先の国道から見る夜桜が一番のお勧めです。 車を止めて桜の写真を撮られている方もあるほどです。 ご宿泊をご予定されているお客様からも 「桜が咲き始めたら 連絡をください。」とリクエストもいただいております。



桜の便りと共に世間も落ち着きを取り戻し
たくさんの幸が訪れますように・・・・

2020年02月25日(火)

丹後に注目の観光スポット「野村克也ベースボールギャラリー」



数々のご功績とご活躍された野村克也さんが 先日にお亡くなりになりました。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。



暗い話題?とお思いの方もおられると思いますが 野村克也さんは「京丹後市名誉市民」なんです。 京丹後市網野町で生まれ育ち  京丹後市峰山町にある峰山高校の野球部から 南海ホークスのテスト生として野球界に進まれました。

京丹後市には今も野村克也さんのご両親のことや 幼少の頃をよく知っている方も多くおられます。 私もゑびすやの先代女将から話を聞いています。


幼い頃にお父様がなくなり お母様は相当なご苦労をされて 二人のお子さんを育てられたそうです。 小学 中学時代はお兄様と二人で新聞配達 土木作業の手伝いをしながら お母様の家計の手助けをしておられたそうです。 お兄様は弟克也さんには野球の才能があるからと高校進学を勧め 自分は就職をして学費の仕送りをしながら 克也さんの支えになってこられました。

テレビで拝見する姿からは想像もつきませんが ご本人のご苦労と努力の陰には お母様とお兄様の存在があったのですね。


京丹後市網野町にある「アミテイ丹後」に 「野村克也ベースボールギャラリー」があります。 野村克也さんから生前に「後世の野球少年達へ」という思いから 現役時代のトロフィーなどを寄贈され写真と共に展示されています。 テレビからではわからない野村克也さんに出会いますよ。 ゑびすやからアミテイ丹後までは お車で10分ほどです。 アミテイ丹後にはギャラリーのほかに ちりめんの小物 お菓子 地酒など丹後のお土産品がたくさん揃っています。 お帰りの時にお立ち寄りされては いかがでしょうか


余談ですが 野村克也さんは生前に「亡くなった時はお袋と一緒に入れてほしい」と お兄様に話をされておられたようで この春に分骨して丹後に帰ってこられます。 いくつになっても どこにいても 生まれ育った故郷は懐かしく 心の中に残るものなんですね。

2020年02月04日(火)

春の訪れ

諺にもありますが 「1月は行く」 「2月は逃げる」 「3月は去る」というように あっという間に2月になりました。
2月は節分の月ですね。。 節分には季節を分けるという意味があり 節分の翌日は立春ですから 「なるほど」と納得します。
節分を過ぎると 春を迎えるということのようですね。

*ロビーに生けた白梅と椿
*渡り廊下の百年桜(昨年のものです)


今年は暖冬ということもあり  丹後も例年より早く白梅 椿が咲き始めましたので     ゑびすやのロビーにも生けました。 今年は春の訪れが早くなりそうです。
梅 椿に続き 桜 菜の花 山つつじと次々と咲き始めます。
皆様にぜひ お勧めしたいのが ゑびすやの敷地内にある「百年桜」です。
特に 夜のライトアップした桜は 周りを桃色に染め インスタ映えすること間違いなしです。
見頃を迎えましたらブログでお知らせしますので 丹後まで足をお運びいただければ幸いです。

また 観光にもお勧めがあります。
今 話題の「大河ドラマ 麒麟がくる」の舞台にもなる大河ドラマ巡りです。
なんと この丹後も「縁」があるのですよ。 京都府の福知山にあります「福知山城」の城主は明智光秀であったことや 明智光秀の娘 細川ガラシャが幽閉されたのは 京丹後市弥栄町味土野という山奥のところでした。
味土野は途中まで車で行くことができますが 今は過疎地となっています。
当時はどれほどの山奥だったのかと思うほど山の中です。
ここに「ガラシャ大滝」となずけられ落差た50~60mの滝があります。
昨年の春に展望台ができ 春から夏は新緑 秋は紅葉の観光スポットとして 景色を楽しむことができます。 観光に立ち寄りされる場合は  スニーカーなど歩きやすい履物がお勧めです。 ドラマの撮影が丹後であるのか ないのか まだ未定のところもありますが  これからのドラマの展開が楽しみになります。  

これからはお天気の良い日も多くなってきますので 福知山城~丹後・味土野~木津温泉の湯の旅はいかがでしょうか。
京都府最古の温泉で ゆっくりのんびりとお過ごしください。

2020年01月22日(水)

まだまだおいしい蟹あります!

みなさまこんにちは。丹後の湯宿 ゑびすやでございます。
新年初のブログをお届けします。
スタッフ一同、本年もお客様に喜ばれますよう努めてまいりますので、
よろしくお願い致します。


今年になりまだまだ冬の王様、松葉蟹を美味しく召し上がって頂けます。
お正月にご家族でお越し頂いたお客様で、蟹みそが苦手という方がいらっしゃいましたが、  すごい新鮮!甘くておいしい!今まで食べたことのない蟹みそで感激!!
と喜んで頂きまして、私も大変うれしく思っております。
これからもおいしい蟹をご用意させて頂きます。



蟹と一緒にゑびすや自慢の温泉もお楽しみ下さい。
温泉教授・松田忠徳氏の『日本百名湯』にも選定されている源泉100%かけ流しの
貸切風呂がございます。
泉質はサラサラで、お肌がツルツルになります。


是非、蟹と温泉を存分にご堪能下さい。
丹後の湯宿 ゑびすやへのご来館お待ちしております。

2019年12月26日(木)

蟹と一緒に良いお年を

みなさまこんにちは。丹後の湯宿 ゑびすやでございます。
冬至も過ぎ、いよいよ年越しが近づいてまいりましたね。
この1年を振り返ると今年もたくさんのお客様とお会いして、
笑顔を見られて〝良い1年だったなぁ"としみじみ感じております。


1年の締めくくりに贅沢に蟹料理はいかがでしょうか。
蟹刺し、蟹炭火焼き、茹で蟹、蟹すき鍋と雑炊・・・
ゑびすや自慢のおいしい蟹料理をたくさんご用意しております。
また、お土産のかにすきセットも人気でございます。
ご宿泊して頂いたご夫婦が、娘夫婦にも買っていこう!と
喜ばれていらっしゃいました。
ご家庭でもおいしかにすきをお楽しみ頂けます。




毎年この時期に〇〇府のお客様がここ数年蟹を楽しみに来て頂いております。
先日は、今年のお仕事の目標達成した自分へのご褒美に蟹を召し上がった方も
いらっしゃいました。
おいしい蟹を食べてまた頑張ろう!と元気になって頂けたら、
私たちもうれしいですし、元気になります。

また来年もみなさまに笑顔になって頂けるように、スタッフ一同努めてまいりますので
よろしくお願い致します。


2019年12月19日(木)

【限定2部屋】のベッドルーム

もうすぐクリスマスですね。
クリスマスを控えた街の華やかさに心が弾んでおります。



今回は先月ご用意ができましたベッドルームのお話をさせて頂きます。
私のイメージ通りの心落ち着くおしゃれなお部屋ですが、早速ご予約を頂きました。
ご夫婦、カップルのお客様が記念日にご利用になられまして、
好評の声も頂いております。


是非、特別な日の思い出作りにご利用になられてみてはいかがでしょうか。
ベッドルームのみの特別な特典もご用意させていただいております。
                 
             【特別特典】
       ①バスタオルお1人様2枚お付けいたします!
       ②お部屋の冷蔵庫にはミネラルウォーター2本
       ③うれしいサプライズドリンク(丹後産)

公式HP限定のお部屋でございます。お早めのご予約をおすすめ致します。

2019年12月17日(火)

もうすぐ楽しいクリスマス♪



もうすぐクリスマスですね。
街の中は煌びやかなイルミネーションで飾られ
見ているだけで心が躍ります。
ゑびすやのロビーにも170㎝ほどの
クリスマスツリーを飾りました。
夜になると竹林庭園の中にクリスマスツリーが浮かび上がり
お写真を撮られている方も多いです。



皆様 クリスマスのご予定はお決まりですか
近年はお家でゆっくり過ごすクリスマスも人気のようで
ご家族やお友達 カップルで
ご馳走とケーキでお家パーティーもいいですね。

でも ちょっとお出かけして贅沢なクリスマスを過ごすのも
お勧めですよ。
平日にお休みをとって「日帰り昼食の蟹コース」を楽しむのも良し
宿泊して「蟹コース」を楽しむのも良しですね。
平日ですと道路も混み合いませんから
人気の観光スポットにもスムーズに行けます。



少し早めですが12月21日の土曜 日曜のお休みを
クリスマスを兼ねての旅行も有りです。

2人の女子会 カップルの方にお勧めしたいのが
「リニューアルしたお部屋」の宿泊プランです。
ミニボトルのシャンパン 色浴衣
源泉掛け流しの貸切風呂など嬉しい特典付の
プランをご用意しています。

お部屋も最上階なので 眺めもいいですよ。
記念日にも是非 ご利用ください。 詳細はコチラ↓

https://www3.yadosys.com/reserve/ja/plan/detail/002/gdeeehgogjfigeegecfkefdn/all/00019



皆様のところにも
サンタクロースさんがたくさんの幸せを届けてくれますように
お祈りしています。

2019年12月05日(木)

プリプリでとろける蟹刺し

みなさまこんにちは。丹後の湯宿 ゑびすやでございます。
師走に入り、寒さも本格的になってまいりましたね。
暦の上では12月7日(土)が大雪ですね。陽はさらに短くなって、
寒さが増し、冬が深まってまいります。
大雪といいますが、ゑびすやがあります京都丹後で12月に
雪が降ることは少なく、3~4年に1度ある程度です。
1月・2月になりますと、まとまった雪が降ることがございますので、
ゑびすや自慢の露天風呂で雪見風呂が楽しめるかと思います。


蟹のシーズンは11月~3月でございます。
年に一度の蟹のシーズン、おもいきり美味しい蟹を堪能して頂きたいと
思っております。


おすすめの蟹の召し上がり方は、
プリプリの華が咲く、甘みとうま味が
絶妙な蟹刺し。
新鮮だからこそ味わえます。
プリプリの弾ける身と新鮮な甘みが
たまりません。足を持って豪快に
お口へ運んで下さい。




もうすぐ忘年会シーズンでございます。4名様でご予約をされているお客様も
多数いらっしゃいます。
忘年会においしい蟹はいかがでしょうか。
冬の味覚の王様の蟹をたくさんご用意してお待ちしております。
是非、足を運んで下さい。

お土産の【かにすきセット】も好評でございます。
料理長の自慢のお出汁のかにすきをご家庭でお召し上がり頂けます。

2019年11月28日(木)

炭で焼いた蟹は絶品!!

みなさまこんにちは。丹後の湯宿 ゑびすやでございます。
日ごとに寒さがつのる季節となり、だんだんと冬を感じられる時期となりましたね。
紅葉を楽しめる時期もあと少しとなりました。
ゑびすやにございますもみじも赤くキレイに色づいております。


タイトルにもありますように、炭火で焼いた蟹は絶品でございます。
ゑびすやではお食事の時に、テーブルに炭火をご用意し、
その場で新鮮な蟹をゆっくり焼いていきます。
香ばしい薫りと甘い味がとても魅力的です。
ポイントは焼き過ぎないことです!
焼きすぎてしまうと身が固くなり、ジューシーさやホクホク感がなくなってしまうのです。
お客様においしいタイミングで召し上がって頂くために、お食事中にお声掛けを
させて頂いております。

是非、炭火で焼いた絶品の焼き蟹を召し上がりにゑびすやへお出掛け下さい。